代表的なホームページサービスの紹介

プロバイダから提供されるホームページエリア

ホームページを運営するための代表的なサービスとして、どのようなものが挙げられるでしょうか。まず、古くから行われているものとして、プロバイダ提供によるホームページサービスが挙げられます。プロバイダと契約すると、数メガバイトから数十メガバイト程度のサーバー容量を与えられ、そこにホームページファイルをアップして運営ができるというものです。
一種のレンタルサーバーですが、基本的に無料で利用できる、データベースなど一部のプログラムは使えないため、CMSやブログ、ネットショップなどデータベースとの連携が前提になっているサイトの運営はできないといった特徴があります。文章、あるいは画像による小規模なサイトを運営するためのものといっていいでしょう。

無料で利用できることが多いレンタルブログ

レンタルブログも代表的なホームページサービスといえます。レンタルブログはプロバイダやポータルサイトなどが提供しており、ページ内に広告が表示される代わりに無料で利用できることが多いです。また、一部のレンタルブログには有料プランが存在し、アフィリエイト広告の掲載が許可されていたり、あるいは独自ドメインで運営することが可能になっています。
レンタルブログの大きな特徴として挙げられるのは、レンタルサーバーと違って、サーバーにファイルをアップロードする、あるいはサーバーの設定を変更するといったことはほぼできないというものです。そのため、運営の自由度はかなり低くなりますが、サーバーに関する細かい設定は一律で運営側が行ってくれるので、その点で初心者向きといえるでしょう。

ホームページ作成の見積もりの際に、デザインは何回かえられるかや月額料金は掛かるのかやサポートの範囲の程度に気をつけておくのがおすすめです。

© Copyright Service Management. All Rights Reserved.