ホームページの基礎知識

ホームページはHTMLで記述が行われています

ホームページはどのようにして画面に表示されるのか、ご存知でしょうか。ホームページの記述はHTMLと呼ぶ言語で、ブラウザがHTMLを読み込み、ホームページを画面に表示する仕組みを持ちます。HTMLと聞くと難しいなどのイメージを持つ人も多いかと思われますが、一定のルールを覚えれば誰もが簡単にHTMLを記述することが出来ます。さらに、HTMLはテキストベースの記述言語なので、現在お使いのパソコンの中にあるメモ帳などのテキストエディターでコーディングが出来る、専用のツールなどがなくてもホームページを作り上げることが可能です。ちなみに、エクセルやワードなどにはHTMLで保存が出来るメニューも用意してあるので慣れているソフトウェアを使ってHTMLを書くことも出来ます。

画像や映像ファイルの取り扱いについて

ホームページにアクセスすると写真や動画などの閲覧も出来ますが、HTMLはテキストベースの記述言語になるため、画像ファイルや動画ファイルをHTML内部に含めることは出来ません。HTMLの中では画像ファイルもしくは動画ファイルはリンク先の指定を行い、ブラウザがHTMLを読み込む時に、画像ファイルを見つけるとリンク先を辿りパソコンにファイルをダウンロード、そして画面上に写真を表示させる仕組みを持ちます。尚、一度ダウンロードしたファイルはパソコン内部に保存が行われるため、次に同じウェブページにアクセスをした時にはその都度ダウンロードをせずにお使いのパソコン内にある画像を画面上に表示が出来るようになります。

HP作成の方法には独学で学んでいくほか、専用のソフトを使ったり制作を代行してくれるサービスを利用する方法などがあります。

© Copyright Service Management. All Rights Reserved.