ホームページの基本的な作り方

基本的なホームページの作り方とは

ホームページの作り方は、まずネット上の住所となるドメインを入手するためにレンタルサーバーと契約します。自身が掲載したいホームページのテーマを決めて、それを元にドメイン名を作成します。契約とドメイン名の作成に成功したら、今度はレンタルサーバーにログインして専用ページに入ったらホームページスペースを作ります。ホームページスペースはいくつかテーマを決めたフォルダーを作り作成したページを記録しておくことです。このホームページスペースを作っておくことで作成したページをリンクしておくと、閲覧者は掲載しているページに直接閲覧することが可能になります。そしてホームページスペースが確保できたら、HTMLやCSSを駆使してトップページを作成して記録して、そこから自身が発信したい情報とデザインを行い発信していきます。

初心者でホームページ作成をする際に覚えておきたいこと

初心者がホームページを作成する場合には覚えておいてほしいことがあり、それは経験をつんだら有料レンタルサーバーに移行する事です。これまでホームページを作成してことのない初心者であれば、最初は作成の過程を知るために無料サーバーを活用すると良いです。無料サーバーを活用して過程を学び、その中である程度の閲覧数を確保できたら有料サーバーを活用することを検討します。そのわけは無料は貸し出す代わりに、ドメインには自社の名前が入っているので検索欄に乗らずアクセス数が伸びにくくなります。さらに記録できる情報にも上限があるため、これから発展させていこうと考えると足かせになります。その点有料であれば独自ドメインの作成でアクセスしやすくなり、さらに記録の上限もほぼ無いのでページの内容を充実させる事ができるからです。

© Copyright Service Management. All Rights Reserved.